「クレジットカードおすすめ情報館」はクレジットカードの使い過ぎや、無理なキャッシングを推奨するサイトではございません。掲載している情報はご自身の判断でご利用下さい。もしも借金でお困りなら
自己破産等の無料相談 過払い金等の無料相談 へ。

クレジットカードの歴史(発祥)

クレジットカードは50年前にアメリカ合衆国で発祥したとされる

その後10年遅れて日本にクレジットカードのシステムが導入され40年程度が経過している

比較的歴史が浅いシステムである

クレジットカードの発祥は1950年にアメリカ合衆国である。最初のクレジットカード会社であるダイナースクラブが、手帳の様なチケット型のクレジットカードを発行した。

クレジットカードの発祥の元となるエピソードは、レストランで食事をした実業家が会計時に財布を忘れたことに気付き、後日支払う事を申し出て成立した事からとされていますが実際のところは定かではありません。

クレジットカードがアメリカで普及した理由として、100ドル札が偽造される事が多く高額紙幣の信用が低く使いにくいことがあげられます

アメリカでは社会生活に必要不可欠な信用情報(クレジットヒストリー及びクレジットスコア)を構築する手段や、使用者自身の信用を証明する手段としてクレジットカードが最も一般的になっています

また日常的な消費の際に、少額の支払いでもクレジットカードによる支払ができる等の利便性が受け入れられ、アメリカではクレジットカードの保持及び使用は一般的であり、生活する上で極めて重要なものとなっています

日本においてはそれほど信用情報の点では重視されていませんが、クレジットカード会社が他社との差別化を図るためにポイントサービスなどの特典を提供しており、クレジットカードを保有してその利点を活用する消費者が増加しています

またインターネットが普及した現在ではネットショップで買い物をする際に、振込などの手数料が不要で手続きが簡単なクレジットカードでの支払いをする消費者が多くなっています

クレジットカードの種類

クレジットカードとは一種類しかない様に思われますが、その内容によりいくつかの種類に分かれます。

プロパーカード
クレジットカード会社が他と提携せず単独で発行するカードです。

ハウスカード
限定された店舗やグループ店の中でのみ使えるカードで、古くからある「ツケ払い」を行うカードです。
顧客の囲い込みが目的で作成されるカードですが、他店では使えない事が不便なためハウスカードから提携カードに切り替えるケースが多い。

提携カード
クレジットカードを発行している企業、もしくは銀行が小売店などと提携して発行を行うカードです。


以上の様に分かれてはいますが、皆さんがお持ちのクレジットカードや店頭で申し込みを受け付けているクレジットカードは、ほとんどが提携カードではないでしょうか。
提携カードには企業や店舗にとっては顧客の囲い込み、カード会社にとっては会員の開拓、会員にとってはプロパーカードのサービスと提携先の独自のサービスが同時に利用できるといったメリットがあります。
また、提携カードは年会費無料である場合が多いのが特徴です。

クレジットカードのグレード(一般・ゴールド)

クレジットカードにはいくつかのグレードに分類されており、そのグレードによって利用限度額、年会費などが異なる。

日本においてはアメリカン・エキスプレスが行っている4段階分類を元に、クレジットカードのグレードが分類されている場合が多い。

一般カード
ラインナップの中では最も基本的なカードである。
利用限度額は最初は30万円程度、利用期間や利用状況により50〜100万円程度まで上がるため、通常の買物の目的であれば十分な決済機能を備えている。
通常一般カードの年会費は無料から1000円程度となっている。
カード発行会社によって「クラシックカード」「ベーシック」などの名称がある。

年会費がやや高い(2000〜3000円程度)替わりに、保険やサービスが充実したカードもある。
利用限度額は通常の一般カードと同じである場合が多いため、一般カードとほぼ同グレードに位置付けされている。
三井住友カードの「三井住友VISAクラシックカードA」や「三井住友VISAエグゼクティブカード」、クレディセゾンの「UCカードセレクト」などがあげられる。

ゴールドカード
一般カードよりも多くのサービスが付加されるグレードのかーどである。
利用限度額は初期与信でおおむね50万円〜100万円程度で、発行会社によっては500万円という与信を与える場合もある。
空港での有料ラウンジを無料で利用できたり、カード会社によるホテルや娯楽施設の案内・予約代行等のサービスを利用できる。
ゴールドカードでは1枚目の家族カードも無料といったところが多く、旅行保険やロードサービスなどの特典が無料でつくものが多い。
年会費は5000〜10000円程度かかる。

また、収入が少なく信用度が低い20代向けの「ヤングゴールドカード」や年会費2000円ほどの格安ゴールドカードもある。
これらのゴールドカードは、一般カードと同等かやや上程度のサービスで、審査の難易度も一般カードと大差ない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。