「クレジットカードおすすめ情報館」はクレジットカードの使い過ぎや、無理なキャッシングを推奨するサイトではございません。掲載している情報はご自身の判断でご利用下さい。もしも借金でお困りなら
自己破産等の無料相談 過払い金等の無料相談 へ。

クレジットカードのグレード(一般・ゴールド)

クレジットカードにはいくつかのグレードに分類されており、そのグレードによって利用限度額、年会費などが異なる。

日本においてはアメリカン・エキスプレスが行っている4段階分類を元に、クレジットカードのグレードが分類されている場合が多い。

一般カード
ラインナップの中では最も基本的なカードである。
利用限度額は最初は30万円程度、利用期間や利用状況により50〜100万円程度まで上がるため、通常の買物の目的であれば十分な決済機能を備えている。
通常一般カードの年会費は無料から1000円程度となっている。
カード発行会社によって「クラシックカード」「ベーシック」などの名称がある。

年会費がやや高い(2000〜3000円程度)替わりに、保険やサービスが充実したカードもある。
利用限度額は通常の一般カードと同じである場合が多いため、一般カードとほぼ同グレードに位置付けされている。
三井住友カードの「三井住友VISAクラシックカードA」や「三井住友VISAエグゼクティブカード」、クレディセゾンの「UCカードセレクト」などがあげられる。

ゴールドカード
一般カードよりも多くのサービスが付加されるグレードのかーどである。
利用限度額は初期与信でおおむね50万円〜100万円程度で、発行会社によっては500万円という与信を与える場合もある。
空港での有料ラウンジを無料で利用できたり、カード会社によるホテルや娯楽施設の案内・予約代行等のサービスを利用できる。
ゴールドカードでは1枚目の家族カードも無料といったところが多く、旅行保険やロードサービスなどの特典が無料でつくものが多い。
年会費は5000〜10000円程度かかる。

また、収入が少なく信用度が低い20代向けの「ヤングゴールドカード」や年会費2000円ほどの格安ゴールドカードもある。
これらのゴールドカードは、一般カードと同等かやや上程度のサービスで、審査の難易度も一般カードと大差ない。

クレジットカードのグレード(プラチナ・ブラック)

プラチナカード
ゴールドカードの特典をさらに拡大したランク付けのカード。
発行会社が優良顧客に対してのみ特別に付与する場合が多い。
旅行やレジャーといった趣味のために使うことが前提であり、そのための付加サービスや保険等がゴールドカード以上に充実している。
電話受付によるデスクサービスは24時間受付けている場合が多い。

ゴールドカードで利用することが可能な空港ラウンジの無料利用はもちろんのこと、加盟する90カ国を超える国々における500を超える空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティ・パスが発行されるものが多い。(要申し込みの場合あり。)
年会費5万円前後。

ブラックカード
カード発行会社による招待でのみ入会が認められ、特別に付与されるクレジットカード。
券面の色が黒であるため、俗に「ブラックカード」と呼ばれている。
年会費も他のグレードのカードに比べて高いが、利用限度額が高額に設定されている上に、充実した旅行保険や24時間対応の更にきめ細やかなコンシェルジュサービスが受けられる。
年会費は10万円前後。

プラチナ・ブラックのグレードのクレジットカードを作成する選定基準はクレジットカード会社によって異なり明確な数字は公表されていない。
利用実績が1000万円以上、資産が1億円程度の人にはブラックカードが付与されるなどとも言われている。
利用金額や利用頻度が多く上級グレードのカードを持つ資格のある利用者には、クレジットカード会社からプラチナ・ブラックのカードへの招待のアナウンスがある。

一般の人の通常の買い物などでは、一般・ゴールドのグレードのクレジットカードで十分対応できるので特に問題は無い。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。